お酒の飲み過ぎと薄毛の関係

お酒と薄毛には大きな関係があることを知っていましたか?今回は飲酒が頭皮や毛髪に影響を与える影響についてまとめてみました。普段からお酒を飲む機会が多い方、注目ですよ。

薄毛と飲酒

薄毛の原因は、主にAGA(男性型脱毛症)という病気。ハゲに悩んでいる男性の90%はこのAGAだと言われています。もちろん、それ以外でも食生活が乱れていたり不規則な生活をしていると薄毛が進行してしまいます。喫煙や運動不足も注意が必要です。

そして、なんとお酒の飲み過ぎで薄毛になってしまうこともあるのです。

お酒で薄毛になる原因

飲酒で薄毛になる原因は、主に2つ。
まずはアミノ酸の分解力があげられます。アルコールというのは、アミノ酸を分解する作用をもっています。このアミノ酸とは、髪の毛の栄養素となるタンパク質のひとつ。ですから髪の毛の生え変わりにはアミノ酸が必須なのです。そのアミノ酸がアルコールによって分解されてしまうので、お酒を飲みすぎるとタンパク質が不足し、頭髪にまで栄養素がまわらなくなってしまうのです。

2つ目は、アルコールを飲む際の食事。脂分の多いメニューや味付けの濃いおつまみなどはお酒と相性バツグン。こういった食事は、血液をドロドロにして、血の巡りを悪くしてしまいます。加えてアルコールも血の流れを悪くする作用があるので、アルコールと味付けの濃い食事を一緒に摂取するのは、薄毛に悩む方にとっては最悪の組み合わせなのです。毛母細胞に、毛髪を作るための栄養を運ぶのは血液です。ですから血流が悪くなると毛髪の成長が妨げられ、薄毛の原因になります。もちろん髪の成長だけでなく、健康面でもあまりいい影響がありませんので、体のためにもできるだけこういった組み合わせは避けましょう。

注意点

ですがもちろん完全禁酒をすすめるわけではありません。お酒は楽しい気分にさせてくれますし、量が過ぎなければストレス解消にも効果があります。

前に述べましたがストレスも薄毛には悪影響をもたらします。お酒を飲みたいのに無理矢理我慢していると、それがストレスになって薄毛につながる可能性もあります。ですから急に禁酒したり、どんな場面でも我慢する必要はありません。大事なのは、1日の摂取量を控えることです。1日にビール1缶や、日本酒1合程度なら問題ありません。むしろそのくらいの量であれば血行が良くなりますし、頭皮に悪影響を与えることもありません。そしてお酒を飲む際の食事も、アミノ酸やタンパク質などが含まれたバランスの良い食品を選ぶようにしましょう。そうすればそこまで心配する必要はありません。

ですが、薄毛を改善するために育毛剤を使用している方はお酒を控えたほうが良いです。なぜならせっかくの育毛剤の力を、アルコールが邪魔してしまうからです。育毛剤が無駄になってしまいます。もったいないので、育毛剤を使っている方はお酒の量を減らすように心がけましょう。